Alcotrade Trust

デ・ルーカ品質には、厳しさも素晴らしさもある土地で培われた情熱や忍耐力、そして成長して結果を達成したいという想いが表れています。良質なワインを愛するアブラーモ・デ・ルーカは、1994年自身の所有地であるメリッセの農園にガッリオッポやグレーコ・ビアンコのような土着品種のブドウを使ってワイン造りを始めました。このブドウ品種は非常に古い起源を持ち、紀元前8世紀頃南イタリアに到来したギリシャ人によるものといわれます。アブラーモ・デ・ルーカは紀元前3世紀にBruziの古代の人々によって実践されていたブドウ栽培の古代技術の伝統手法を取り入れました。アブラーモにより設立された会社は、現在ヴィンツェンツォ・デ・ルーカが引き継いでいます。彼の優れた起業家精神により、ファミリーの情熱はオエノロジカルを基準とした最高級のワイン造りを目指し、風味と古代の文化を結び合わせるトップクラスのプロジェクトの最前線に向けられています。

カンティーナ デ ルーカ
ワイン畑の絵